スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の中の規制を外す

この世界に生まれてきたその姿は、
全て、それぞれにとって完璧なんだと感じる。

たどっているその歩みも、
全て必然であるのだろう。

それぞれがそれを選択してきたのだから。

試行錯誤で、失敗とみえることも、
周りが違うと感じるものも、
それを決めてきたのだろう。

その周りの家族もまた然り。

それが過程なのだから。


だけどさ、
誰もそんな事覚えて産まれてきたわけじゃないんだよね。

何故?どうして?

こんなはずじゃない。。。。。


私たちが普通と思っている人でない人を、
障害者と呼ぶ。

身体に、心に、知能に区別をつける。

個々は完璧であるはずなのに、
何故そこに区別があるんだろうね。

見た目が違うから?

思考が違うから?

理解が出来ないから?


それぞれが持って生まれた使命なのだからと。

それを乗り越えることが出来るからこそと。

どうしたら、誰もが幸せになれるんだろうね。




   『ごめんなさい・ありがとう・愛しています』
      『ツイてる・ツイてる・大丈夫』
         『感謝します』
スポンサーサイト

comment

人はどうしても自分の思いや経験をものさしに物事を見て判断するから、自分と違うものには何かしら距離をおきますよね。
それが姿形だったり、思想だったり・・・。
でも桃ここさんが仰るように皆それぞれに違う個性を神様からいただいて、その個性を生かして地上で修行してきなさい。自分の人生を全うしてきなさい!と送られている以上実は私たちは違って当然・・・と思えなければいけないんですよね。
難しい問題ですけれど、自分と全く同じでなければ受け入れないといぅ考え方の人ばかりだと、必ず争いが起きてしまいます。
違う個性を受け入れるといぅ思いで、違う個性同士も調和できるといぅ事実を知って生きていきたいですよね。

yukoさん、ありがとうございます

yuko、さん、
深いです(^ー^* )
そうなんですよね。

どうしても自分のものさしで計ってしがちになってしまうんですよね。
だけど、
自分のものさしは、
他の人のそれとは違うかもしれないし。。。。

まずは認めることからなんでしょうね。

しっかし、考えれば考えるほど難しいです。
Secret

プロフィール

桃のこころ

Author:桃のこころ
桃色は 愛の 色

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

桃ぴよ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。