スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジーニーさんのワークショップ 行きつくまで その2

やっと六本木にたどり着いた桃ここ。

地図で見た『日比谷線』と同じ文字を見て一安心。
もうここまでくれば、あと一歩だもの。

日比谷線の改札口を左手にそこを通り過ぎると、
近辺の案内図。

これを見れば行き方は問題ないはずだったのだが、
何故か行きたいはずの場所が書いていない。

まあ、とりあえず地上に出ればわかるだろうと思ったのだが、
いざ、地上に出てみたが、
どちらに行って良いのかわからない。

右か左か・・・

左を選んだ桃ここだが、
こういう時の感は外れるんだよな、との思いが山ほど。

交差点を渡ってみようかと思い、
信号機の前で信号を変わるのを待ちながら、
バッグをゴソゴソ。

恥ずかしいので本当はしたくなかったんだけど、
もうそんな事を言ってはいられないので、
地図も書かれてある、
ワークショップの招待状を出してみた。

どうも渡らないほうが良さそうだな。

郵便局の所を曲がって行けば着きそうね。

郵便局??
そこに見えたのは、
巨大な昔の郵便ポストをイメージしたような郵便局。


郵便局を過ぎるとそこには交差点。
ここを曲がるようだけど、
曲がると下りになっていて、
ガードのような所を通るんだけど、
地図にそんなの書いてないよ。

恥ずかしいが、そこで又招待状を取り出してみた。

なんか違うような気がして、
途中まで行ってみたが郵便局まで戻ってみた。

わからん

もうこの際、最終手段を使うしかない。

ガイドさんに頼る事にしてみた。
桃ここのガイドさんは的確にわかりやすく教えてくれた。

いや、少し先に麻布警察署があるのだけは確認しといたの(^^)v

麻布警察に向かっていると、
おまわりさんが一人、外に出てきた。
それはまるで私が来るのをわかっていたように。

「すみません、行き方を教えていただきたいのですが」
「何処に行きたいんですか?」
「○○なんですが」
「○○?地図とか持っていませんか?」

・・・招待状には桃ここの名前も書いてあるぞ・・・

桃ここの名前まで知ってしまったお巡りさん。
笑いながら
「すぐそこの角を曲がったら、又すぐに左に曲がってください。
 そうすると右にあります」

桃ここのガイドさんお巡りさんのお陰でとても軽い足取り。

どこ?どこ?

またもや登場、招待状。

ツタヤの前にいた桃ここ。
あら、ここじゃないの?

入り口を探しあて(探したのよ、本当に)、
ドアを開ければ、そこにあった案内図。

書いてあった~(^o^)

そのまま奥に進んだが、
そこにあったのはエレベーター。

はい、その通りです。
案内図まで戻った桃ここ。
階数と会場の番号を確認し、
やっとこさエレベーターに乗ってみた。

4階で降りてはみたものの、
どこが会場かわからない。
(他にも催し物をやっている所があったのね)

すると、きれいで感じの良い女性が声をかけてくれた。

「ジーニーさんのワークショップにいらした方ですか」

   『ごめんなさい・ありがとう・愛しています』
      『ツイてる・ツイてる・大丈夫』
          『感謝します』
スポンサーサイト

comment

Secret

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

( 郵便ポスト )についての最新のブログのリンク集

郵便ポストに関する最新ブログ、ユーチューブなどネットからの口コミ情報をまとめてみると…

プロフィール

桃のこころ

Author:桃のこころ
桃色は 愛の 色

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

桃ぴよ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。